摂氏 から 華氏へ換算

ページをブックマーク 華氏 から 摂氏 (単位を入れ替え)

形式
精度

注意:分数の結果は最も近い1/64に丸められます。より正確な答えを求めるには、上記のオプションから「十進法」を選択してください。

注意:上記のオプションから必要な有効桁数を選択することによって、答えの精度を上げるか下げることができます。

注意:純正な十進法での結果にするには、上記のオプションから「十進法」を選択してください。

式を表示
℉ =
℃ * 1.8000
+ 32.00
 
 
 
仕組みを表示
指数形式で結果を表示
詳細: 摂氏
詳細: 華氏
摂氏  から 華氏表 - テーブルオプションについてはこちらをクリックしてください
摂氏 華氏
0 32.00
1 33.80
2 35.60
3 37.40
4 39.20
5 41.00
6 42.80
7 44.60
8 46.40
9 48.20
10 50.00
11 51.80
12 53.60
13 55.40
14 57.20
15 59.00
16 60.80
17 62.60
18 64.40
19 66.20
摂氏 華氏
20 68.00
21 69.80
22 71.60
23 73.40
24 75.20
25 77.00
26 78.80
27 80.60
28 82.40
29 84.20
30 86.00
31 87.80
32 89.60
33 91.40
34 93.20
35 95.00
36 96.80
37 98.60
38 100.40
39 102.20
摂氏 華氏
40 104.00
41 105.80
42 107.60
43 109.40
44 111.20
45 113.00
46 114.80
47 116.60
48 118.40
49 120.20
50 122.00
51 123.80
52 125.60
53 127.40
54 129.20
55 131.00
56 132.80
57 134.60
58 136.40
59 138.20
Start
Increments
Accuracy
Format
表を印刷
< より小さい値 より大きい値>

摂氏

当初は水の凝固点(その後氷の融点)で定義さていたセルシウス度は、今では正式にケルビン度に関連して定義される派生尺度である。

現在、摂氏0度(0°C)は273.15ケルビン度(K)と定義されている。1 Kと1 °Cの温度差は同等で、各温度計のメモリの幅は同じである。 これは以前水の沸点と定義されていた100°Cが、現在は373.15 Kと定義されることを意味する。

摂氏温度の尺度は、比率システムではなく、インターバルシステムで、それは絶対的ではなく、相対的な尺度に従うことを意味する。20°Cと30°Cの間の温度間隔が30°Cと40°Cと同様だが、40°C が20°C の倍の空気熱エネルギーを持たないことから理解できる。

1°C(摂氏) の温度差は、1.8°F(華氏)の温度差に相当する。

℉ =
℃ * 1.8000
+ 32.00
 
 
 

華氏

華氏は、熱力学的温度の尺度である。水の凝固点が華氏32度(°F)、沸点は(標準大気圧で)華氏212度である。水の沸点と凝固点が正確に180度離れていることになる。 したがって、華氏温度計の1度は、水の凝固点と沸点の間隔の1/180である。絶対零度は、華氏-459.67度と定義されている。

1°Fの温度差は0.556°Cの温度差と同等である。

メートル法変換表 携帯用変換ツールアプリ 温度 通貨 重さ 長さ エリア ボリューム スピード 時間